電波を用いた位置センサとして、GPSの測位精度を飛躍的に高めるリアルタイムキネマティック(RTK: Realtime Kinematic)の実験をしています。

RTK referene station

RTKは緯度・経度・高度の既知な基準局にて観測された情報をもとにして自らの測位結果を補正する方法です。GPSの測位精度は数メートルから十数メートルといわれていますが、RTKを用いることによりセンチメートル・オーダーの測位が可能になることが期待されています。

このRTKに必要な基準局を広島市立大学に開設しました。この基準局は、誰でも、無料で、事前連絡なしに利用することができます。広島市立大学から概ね半径10 km以内であれば利用できると考えられます。このRTK基準局を利用するためには、対応するGPS受信機と、インターネット接続が必要です。また、メンテナンスや研究利用のために休止したり、一時的に使用不可になることをご了承ください。詳細はこちらをご覧ください。